北海道YMCAについて

W・Sクラーク博士から聖書による教育を受け札幌農学校の1期生と1期生の強い影響を受けた2期生による札幌バンド(キリスト教信仰によって強く結びつけられた生年の集団)の青年たちを礎として1897年に結成された札幌基督教青年会によってYMCA運動が始まりました。
現在では、札幌・とかち・北見に活動拠点を置き、幼児教育・語学教育・野外教育・ウエルネス・国際協力・障害児(者)のための活動やボランティア育成など幅広い活動を展開しています。

北海道YMCAの使命

北海道YMCAミッションステートメント

  • 北海道YMCAに連なる私たちは、「札幌バンド」を生み出した土壌に立ち、イエス・キリストによって示された愛と奉仕の生き方にならい、 地域社会に根ざしつつ、世界に向かって働きの輪を広げていきます。

  • 私たちは、自然の豊かさをかけがえのないものと自覚し、人間と多様な生命が共生していく環境を目指します。

  • 私たちは、生涯を通して学び、また、さまざまな活動の中でボランティアの意義を人々の間に広め、実践の場を作り出します。

  • 私たちは、アジア社会の一員として世界の平和を願い、共に喜びや苦しみを分かち合える地球社会の実現に力を注ぎます。

1996年1月18日制定

北海道YMCAの組織概要

基本情報

名 称 公益財団法人 北海道YMCA
所在地 〒064-0811
北海道札幌市中央区南11条西11丁目2-5 【地図
理事長 土屋 博
総主事 秋葉 聡志
設 立 1897年4月1日

役員

理事長 土屋 博
常務理事 秋葉 聡志
理 事 杉本 拓
理 事 大友 正幸
理 事 中田 靖泰
理 事 朴 永基
理 事 藤田 寛
理 事 佐藤 雅一